CLOSE
特集 サイズ履歴 カート

MENS

ビジネスコートの種類や選び方|スーツに合わせるポイントや素材の特徴まで解説

本冷えが始まり、慌ててクローゼットからコートを取り出すと、

くたびれていて、今年は着れそうにない

消耗品のようにコートを着潰している。本当は何本かで着回ししたい

というお悩みの方に向けて、この記事ではスーツに合わせるコートの選び方から素材による違い、オススメのコートなどをまとめています。

5分くらいで読めますし、コートをお得に購入する方法まで解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

スーツに合わせるコートの選び方!ポイントは3つだけ

コート選びのポイントをまとめると、

  • コートの色は、ベーシックカラーで
  • 着丈はジャケットよりも長く
  • 袖丈も手首よりも長く

が基本となります。

ちなみにベーシックカラーとは、厳密な定義はありませんが、他の色の邪魔にならないカラーのことです。

具体的には、無彩色(白・黒・グレー)とベージュやカーキ、ネイビー、茶色などがベーシックカラーにあたります。

この3つのポイントを考慮し後述しているコートを選ぶことで、きちんとしたスーツスタイルを決めることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

コートの素材(綿・ポリエステル)による違いについて

もちろんコートの素材によって、そのコートの特性が決まります。

具体的には、

  • 綿で仕立てられているコートであれば保温性が高い
  • ポリエステルのコートであれば、着られる期間が長い

などの特徴があります。

綿100%のコートは、暖かくて保温性が高い

綿の素材にもよりますが、基本的には綿100%のコートは保温性や吸水性に優れているため、寒い日には重宝します。

さらに生地が丈夫でコート自体が長持ちするという特徴もございます。

ただ、

  • コートの価格が高い
  • コートが重たい
  • 手軽に洗えない

などのデメリットには注意が必要です。

そのため頻繁に外回りで動き回る方には、綿100%のコートはあまりオススメできません。

一方でとにかく暖かいコートが必要な方にはオススメですね。

ポリエステルのコートは、低価格+秋~春先まで着られる

ポリエステルは、

  • 速乾性に優れる
  • 丈夫
  • シワになりにくい

という特徴があります。

さらに価格も比較的抑えられ、お手入れの手間も少なくて済むため、手軽に着れるコートが欲しいという方にオススメです。

もちろん綿100%のコートに比べると、保温性では劣ってしまいますが、季節の変わり目(秋)から重宝しますので、長く着られます。

ただ毛玉ができやすいという特徴には注意が必要です。

綿・ポリエステルそれぞれの良いとこ取りしたコートもございますので、コートを選ぶ際は、ぜひ生地の特性を考えながら選ぶと自分にあったベストな1着を見つけやすくなりますね。

モッズ・ダッフル・ダウンコートは、カジュアルになりすぎるため要注意!

  • モッズコート
  • ダッフルコート
  • ダウンコート

この3種類のコートは、カジュアルになりすぎる場合があるため、ビジネスシーンにはあまりオススメできません。

またダウンコートであれば、高い防寒性能という魅力も捨てがたいのですが、コーデが失敗してしまうリスクもありますので、上記の3種類は控えるようにしましょう。

ビジネススーツに合うコートは主に5種類

ビジネススーツには、次の5種類のコートを合わせることでスーツスタイルをビシッと決めることができます。

  • ステンカラーコート
  • アルスターコート
  • トレンチコート
  • チェスターコート
  • ポロコート

ステンカラーコート

ビジネスマンの定番アイテムとして人気のステンカラーコート。

シンプルなデザインで、ネイビーやベージュのカラーが人気です。

襟が特徴的で、後ろ側の襟が高く前側が低いデザインとなっており、襟先のボタンを締めると防寒性も高められます。

アルスターコート

膝下までのロング丈とダブル、バックベルトが特徴的なアルスターコート(アルスター)。

クラシカルな印象が強く、上品なスタイルになります。

また下襟と上襟の幅が同じ、もしくは上襟が少し広めとなっているのも特徴的です。

先程のステンカラーコート同様、襟を立てることで防寒性をあげることもできます。

グレーコートとの相性が良いため、日頃からダークカラーのコートを着用されている方にオススメのコートですね。

トレンチコート

トレンチコートは、イギリスの陸軍が塹壕(トレンチ)戦で着用していたコートが起源と言われており、高い防水性と防寒性が特徴です。

また元々ミリタリーウェアだったことからディテールも特徴的で、

  • エポレット
  • ガンフラップ
  • Dリング
  • トレンチベルト
  • アームベルト

などがあり、見る角度によって印象が変わります。

そのためトレンチコートは、

  • 機能性だけでなく、細部へのこだわりも楽しみたい
  • シンプルながらもオシャレな着こなしを楽しみたい

という方にオススメです。

チェスターコート

テーラードジャケットと同様に、襟元がV字に開いたデザインとロング丈が特徴のコートです。

フォーマルな印象が強いため、カッチリとした雰囲気を出すことができます。

さらに正式なチェスターコートでは、

  • 襟の裏に別布がついている
  • 比翼仕立て

となっていることもございます。

コーディネートは、スーツと同系統の色を選ぶことがポイントです。

全体的に統一感を出し、明るいネクタイでワンポイントを入れるとキレイにまとまります。

ポロコート

ポロコートは、チェスターコートとアルスターコートの中間のようなコートで、

  • 大きな襟
  • ダブルブレスト
  • バックベルト

が特徴です。

さらにアルスターコート同様、襟を立てることで防寒性を高めることもできます。

クラシックな印象を求めている方には、ポロコートもオススメです。

まとめ|コスパの良いコートは『スーツ&スーツ』で!

ここまでスーツに合わせるコートの選び方やオススメのコートをご紹介して参りました。

とは言え、中々コスパの良いコートを見つけるのは大変です。

実はONLYのアウトレットショップ『スーツ&スーツ』では、高品質で人気のONLYのコートをアウトレット価格で購入することができます。

コートを何着か探している方は、コスパの良いコートが見つかる可能性が高いので、ぜひ一度『スーツ&スーツ』を覗いてみてくださいね。

>>>『スーツ&スーツ』公式サイトを見てみる