クールビズのジャケットスタイル、気を付けたい着こなしとは?

クールビズのジャケットスタイル、気を付けたい着こなしとは?

クールビズのジャケットスタイルでどのようなことに気をつけたらいいのかご紹介いたします。

押さえておくべきマナーやポイント、着用する際の注意点を知りたい人に向けて着こなし方を見ていきましょう。

クールビズのジャケットスタイルとは?

クールビズを取り入れたジャケットスタイルは、雰囲気がカジュアルになりすぎないようにビジネス向きのものを選ぶのがベストです。

ビジネス向きジャケットはカジュアルな雰囲気が出ないように少し巾が広めのラペルにしましょう。

フロントボタンは2~3程度にしておき、ボタンを留めた際にVゾーンが狭くならないようにすると良いでしょう。

色見はビジネスカラーのブラックやネイビー、グレーといった落ち着いたものをオススメします。

ネクタイをしない分シャツ選びも重要です。

あわせるシャツはメリハリをつけるとかっこよく着こなすことができます。

無地のジャケットを着用するなら柄の入ったもの、柄のあるジャケットには無地のシャツを選びましょう。

クールビズのジャケットスタイルにぴったりな素材

オススメするジャケットの素材は、麻、シアサッカー、ジャージー、コットンの4つです。

は細かなシワがつきやすく、アイロンなどをかけてもとれにくいですが、そのシワが程よく涼しさを印象づけてくれます。

また、通気性が良く肌触りも滑らかなのも嬉しいポイントでしょう。

次にシアサッカーは、縞状のシボのある織物で、汗をかいても肌に張り付きにくいのが特徴。

通気性に優れており、青や白のストライプが入ったジャケットであれば爽やかな印象になります。

そして、ジャージーは薄手のニット素材のことで、伸縮性があるのがポイントです。

伸縮性があるので、麻と比較するとシワになりにくく通気性も高いため、カジュアルさを全く出したくない場合に特にオススメ。

スーツのようなデザインを選ぶことがベターなので、ビジネスカラーでストライプやウインドウペーンのものが良いでしょう。

最後のコットンは、本来はカジュアルなものに使われる素材ですが、スーツの素材としても流行しており、テーラードタイプのジャケットにも使われるようになりました。

シワがつきやすい素材ですがジャケットの魅力にもなるので、シワをワンポイントにかっこよく着こなしてみてはいかがでしょうか。

ビジネス用だけでなくプライベート用にも気軽に着用できるので、1着持っていても損はしないでしょう。

クールビズのジャケットスタイルのポイント

クールビズのジャケットスタイルでは、半袖シャツではなく長袖のシャツを選ぶことがポイントです。

半袖シャツを着るとジャケットに汗が染み込むので痛みや汚れの原因になるからです。

また、シャツの下に着るインナーはVネックのものを選びましょう。

クールビズでは第一ボタンを開けるので、襟元からインナーが見えないよう気を付けましょう。

ちなみに、肌色のインナーを着用すると下着透けを防止することができ清潔感を出すことができます。

クールビズではノーネクタイが一般的で、第一ボタンを開けると襟がきれいに立たないことが考えられます。

そのときは、ボタンダウンシャツを使用しましょう。

襟が立ち、シャツをかっこよく着こなすことができます。

襟がだらしなければかっこいいジャケットを羽織っていても、相手に内面もだらしないのでは?と映るかもしれません。

夏場にジャケットを着用する以上は涼しげな印象を出すためにサックスブルーのシャツなどもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です