男性ゲスト必見!結婚式の2次会の服装マナー

親族や友人の結婚式に招待されると、服装選びに頭を抱えてしまう人も少なくありません。

とくに披露宴と二次会のどちらにも参加する場合、服装選びがネックになるケースが多く見られます。

披露宴と二次会は雰囲気が違うので、そのままの服装で行っても良いのか、それともカジュアルに崩すべきなのか判断に悩むところです。

一度覚えてしまえば、結婚式に招待されるたびに悩まずに済むので、服装選びのコツや知識をしっかりと身につけておきましょう。

そこで今回は、二次会の服装選びのポイントや服装マナー、さらにおすすめの服装を紹介します。

男性ゲスト必見!結婚式の2次会の服装マナー

親族や友人の結婚式に招待されると、服装選びに頭を抱えてしまう人も少なくありません。

とくに披露宴と二次会のどちらにも参加する場合、服装選びがネックになるケースが多く見られます。

披露宴と二次会は雰囲気が違うので、そのままの服装で行っても良いのか、それともカジュアルに崩すべきなのか判断に悩むところです。

一度覚えてしまえば、結婚式に招待されるたびに悩まずに済むので、服装選びのコツや知識をしっかりと身につけておきましょう。

そこで今回は、二次会の服装選びのポイントや服装マナー、さらにおすすめの服装を紹介します。

ダークカラーのスーツが基本!会場の雰囲気にマッチした服装を心がけよう

披露宴に参列する際の服装と同様に、基本的には二次会も会場の雰囲気に合わせて服装を決めることがポイントです。

格式高いホテルや高級レストランが会場になることもあれば、ダイニングバーや居酒屋で開催されることもあるでしょう。

その場に合った服装を心がければ、会場でうっかり浮いてしまうことを防げます。どんな場所で二次会が開かれるにしても、男性であればダークカラーのスーツが基本と考えましょう。

ダークカラーのスーツであれば、どんな場所でも悪目立ちすることなく過ごすことができます。

「平服でお越しください」といわれている場合でも、結婚式の二次会である以上普段着ではなくフォーマルな服装が基本です。

平服とは、礼装の必要はないが改まった場でも対応できる服装という意味があります。平服=普段着だと思って参加すると、会場に入った途端帰りたい気分になってしまうかもしれません。

二次会のみ参加する場合はもちろん、新郎新婦と仲の良い間柄であっても服装選びは慎重に行いましょう。

二次会が行われやすい会場がイメージできていれば、それぞれの場所に合ったスマートな服装を選びやすくなります。

ホテルや高級レストランならフォーマルを意識!

フォーマルな会場で二次会が行われるのであれば、披露宴に準じた服装が求められます。

ホテルや高級レストランなら、迷わずダークカラーのスーツを選ぶのが無難です。披露宴から参加する人はそのままの格好で問題ないでしょう。

せっかくの二次会だから披露宴の服装に変化をつけたいという人は、多少崩したスタイルでも問題ありません。

白いシャツをカラーシャツに替えて華やかさを演出してもおしゃれかつスマートです。ネクタイで服装に変化をつけるなら、シンプルでありながら華やかなカラーのものを選びましょう。

フォーマルな場であっても、品があるデザインやカラーのネクタイなら悪目立ちすることもありません。

また、ネクタイピンやカフスなどの小物でさりげないおしゃれを演出することもできます。

さらに、アスコットタイや蝶ネクタイでワンランク上のおしゃれを目指すのも良いでしょう。

夜のイメージが強い蝶ネクタイも、夕方や夜に行われる二次会なら自然に着こなすことができます。

ポケットチーフやネクタイなどのアイテムを替えたり付け足したりすることで、披露宴とは違った印象が楽しめます。

セミフォーマルなダイニングバーならカジュアル要素をプラス!

レストランやダイニングバーで二次会が行われる場合は、ホテルや格式高いレストランの服装よりもカジュアル要素を出しても大丈夫です。

少しカジュアルダウンしたほうが会場の雰囲気にもしっくり馴染みます。明るめのグレーやネイビー、またはストライプといった華やかなスーツを選ぶと良いでしょう。

ネクタイやシャツの選び方もフォーマルよりも自由度が高くなります。あれこれと悩むことなくおしゃれを楽しむことができるので、難しく考えずにコーディネートしてみましょう。

ノーネクタイも許されるので、リラックスして二次会を楽しむことができそうです。

ネクタイをする場合は、差し色としてピンク色やシャンパンゴールドなどを選ぶのもおすすめです。お祝いの席にぴったりの華やかなコーディネートを心がけましょう。

ネクタイをしないのであれば、ポケットチーフでアクセントをつければおしゃれなスーツスタイルに仕上がります。

ただし、おしゃれが過ぎてしまうと主役である新郎新婦よりも目立ってしまうので要注意です。

カジュアルな会場なら遊び心を楽しむファッションもOK!

居酒屋やカラオケなどカジュアルな会場で二次会が開かれるのであれば、スーツにこだわる必要はありません。

きちんと感があるジャケパンスタイルなら、お祝いの席でも失礼にはなりません。

ジャケットが必要か悩む人もいますが、お祝いの席ならやはりジャケットを羽織ったほうがきちんとした印象を与えます。

ジャケットを選ぶ時には、素材や柄に注目してみましょう。ツィード素材やチェック柄などおしゃれな要素抜群のジャケットを選ぶと、周りに差をつけたおしゃれなコーディネートを演出できます。

また、足元は黒色の革靴を合わせるとスマートです。ネクタイはスタンダードなものも良いですが、ニットタイや蝶ネクタイで自分らしいファッションを取り入れるのもおすすめです。

披露宴には適さないニットタイですが、カジュアルな服装でも大丈夫な二次会であれば、身につけても問題ありません。

ノーネクタイにするのであれば、シャツでおしゃれ度を高めるのも1つの方法です。柄物やカラフルなシャツで華やかな装いを心がけましょう。

大切なのはTPOを考えた服装選び!

披露宴が終われば二次会はどんな服装でも大丈夫だと勘違いしている人もいます。

二次会は披露宴ほどフォーマルな場ではありませんが、会場によっては披露宴に準じる服装が求められることもあるので注意しましょう。

大切なのは、二次会会場の雰囲気に合わせた服装を心がけることです。

もちろん、披露宴からそのままの服装で二次会に参加しても問題ありませんが、シャツやネクタイを変えるだけでも雰囲気が変わるので、会場に合わせてコーディネートを楽しんでみるのもおすすめです。

ネクタイの種類やカラー選び、さらに小物を上手く使うことで洗練された服装を目指すことができます。

「平服でお越しください」と案内状に記載されている場合でも、TPOを意識した服装を心がけましょう。

あくまでお祝いの席であることを忘れずに服装を選べば、どの会場でも失礼な印象を与えずに済みます。

会場の格式に合わせつつTPOをわきまえた装いで二次会を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です