最初は手探り?自分に合ったスーツブランドを見つける方法

自分に合ったブランドを知る

 

ビジネスマン・ビジネスウーマンにとって、スーツは社会人としての証であり、自分自身を光らせるファッションアイテムでもあります。

それだけに、皆と同じような画一的なスーツスタイルではなく、自分に合ったものを選びたいものです。

しかし、自分に合うスーツを選ぶといってもなかなか難しいものです。

特に新社会人など、まだスーツに慣れていない人にとっては、どういうスーツがあるのかという種類を始め、自分に合ったスーツブランドの選び方がわからないという声も少なくありません。

ここでは、スーツのブランドはどうやって選べばいいのか、自分に合ったブランドを知る方法を解説します。

 

いろいろな価格帯のスーツを試着してみる

社会人にとって必須ファッションアイテムといえば、スーツにおいて他なりません。

スーツは職場や客先など、社会的な場へ臨む際に身に付けるべきスタイルであるのと同時に、冠婚葬祭など公式の場におもむく際にも必要なものです。

社会人として、スーツはTPOに応じたものをいくつか持つ必要があるといえるでしょう。場所に応じたスーツを選ぶのであれば、選び方にもこだわりを持ちたいものです。

その1つが「どのようなブランドから選ぶか」というものです。 自分に合ったスーツブランドを見つける方法としては、まずいろいろな価格帯のスーツを試着してみることです。

スーツを数多くそろえるスーツブランドでは、さまざまな価格帯の商品を用意しています。手ごろな価格のものから、生地や縫製にこだわった高価格帯のものまでさまざまです。

スーツは価格帯によって見栄えがかなり変わってきます。

そのため、どのスーツが似合うかはとりあえず着てみないとわからないので、いろいろな価格帯のスーツを試着してみるのがよいでしょう。

試着をすることで価格ごとの仕立てや生地の違いなどがわかってくるため、自分に合ったスーツブランドを選べるような素地ができてくるのです。

 

スーツ売り場の店員さんと仲良くなる

自分に合ったスーツブランドを見つける方法として、スーツ売り場の店員と仲良くなるということも1つの手です。

売り場では、スーツを着用した自分の姿をチェックして、サイズや着こなしの不具合を確認します。

しかし、主観で判断すると好みが優先されるため、「本当に似合っているのか」について判断が鈍る場合もありがちです。

「似合っているのか」「全体的なスタイルは決まっているのか」など、主観で判断しづらいこところを客観的に判断してくれるサポーターがいると心強いものです。

その客観的判断をしてくれるのが、売り場の店員なのです。 スーツ売り場の店員は、普段からたくさんのお客を見ているため、さまざまな視点からアドバイスをしてくれます。

多くの着用サンプルを保持している経験者であればあるほど、多角的なアドバイスが期待できるでしょう。

こういったアドバイスは普段の洋服選びでも役に立つので有益です。気軽に相談できる店員さんと親しくなるのも、ブランド選びには大切になります。

店員が話しかけてくるのが苦手だという人もいますが、コミュニケーションが苦でなければ、「どのブランドが自分に合うのか」について相談してみましょう。

 

高級ブランドのスーツを買ってみる

さらには、高級ブランドのスーツを買うというのも一案です。

高級ブランドと聞くと、「高価で自分と釣り合わないのでは?」と危惧するかもしれませんが、きちんとしたものを手に入れるのは決してムダなことではありません。

また、じっくり選ぶ可能性が高くなるため、商品に対しての目が厳しくなり、「どういうポイントでスーツを選べば良いのか」など実地でスーツ選びの学習ができるというメリットもあります。

スーツに限らず、洋服選びに共通することですが、試着をするのと実際に買って着用するのとでは、気持ちや感じ方が変わってくるものです。

長時間着た状態の着心地やスーツのよれ具合などは試着ではわかりません。

実際試着しながら、納得して購入した1着であれば愛着もうまれてきます。着続けたうえでの安定感は、そのブランドへの信頼にもつながるでしょう。

その信頼感が、「自分のブランド」へと変化していくに違いありません。

もし、気に入ったブランドがよくわからなければ、店員や家族、恋人や友人からのアドバイスを得て、高級ブランドと呼ばれているスーツを買ってみてはいかがでしょうか。

高級スーツの着心地を覚えることが、ブランド選びのポイントになるのです。

 

一度オーダーメイドスーツを作ってみる。

オーダーメイドスーツを作るのも、スーツブランド選びとしておすすめしたい手法です。今日では、既製スーツが当たり前のように店内に陳列されています

既製スーツはそれなりに選びやすく、色やスタイルなども豊富ですが、自分の身体に本当に合ったものと出会えるのかは疑問が残ります。

そこで、オーダーメイドで自分だけの1着を仕立てて、スーツのノウハウを知ることもブランド選びへの足がかりとなるのです。

オーダーメイドには、「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つがあります。

オーダーメイドというと敷居が高く感じられたり、価格の高さを心配したりする場合もあるでしょう。

しかし、サンプル試着を基本に、袖丈や着丈の微調整を行うパターンオーダーであれば、価格は抑えめで納期も比較的早いというメリットがあります。

そのほか、生地やデザインを選び型紙を作らず既存のパターンで仕立てるイージーオーダー、何から何まで自分に合わせたフルオーダーも選択可能です。

そのため、「どういうオーダーをしてみたいか」により選ぶ楽しさもあります。

また、オーダーメイドは高級ブランドのスーツよりも着心地がいいというメリットがあります。

自分に合ったブランドを知るには、「どのような着心地を心地良いと思うのか」を知る必要があるでしょう。

そのためには、1着オーダーメイドでスーツを作って、着心地の良いスーツを味わってみることがおすすめです。

 

スーツのブランドを見つけるには経験が大事

多くのスーツブランドやアパレルがひしめくなか、自分に合ったスーツブランドを見つけるのは至難の業ともいえるでしょう。

もちろん、お気に入りのブランドがすでにあれば、それに超したことはありません。

しかし、新社会人やスーツを新調したいという場合には、あらためてスーツブランドをきちんと選ぶことが重要でしょう。

ブランド選びには、なによりも経験が大事となります。これまでの自分の経験だけでなく、周囲の人やショップ店員のアドバイスなども基にしてみましょう。

そして、いろいろなスーツをたくさん試着して自分に合うものを見つけ出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です