ポケットチーフで結婚式らしい華やかさを!選び方と折り方

結婚式などのフォーマルな場ではドレスコードがあるため、特に、男性のスーツ姿は画一的になりがちですよね。

そんなフォーマルスーツをぐっと個性的に見せるアイテムがポケットチーフです。

ポケットチーフがあるだけでスーツはひときわ華やかになりますし、素材や折り方を変えればエレガントにも、こなれた感じにも見せることができます。

もちろん、ドレスコードを破らないよう、フォーマルにふさわしい素材や折り方を選ぶのも大事です。

ここでは、ワンランクおしゃれに見せる、ポケットチーフの正しい選び方や折り方について紹介します。

ポケットチーフの役割

ポケットチーフは、男性のスーツに華やかさを加えるファッションアイテムで、フォーマルな場では欠かせない装飾品です。

もともと、スーツのジャケットにはなかった胸ポケットは、おしゃれとしてポケットチーフを挿すために後から作られたものという歴史があります。

胸ポケットにチーフを入れるスタイルを取り入れたのはフォーマルな場に出ることが多い富裕層だったため、ポケットチーフはフォーマルに欠かせないおしゃれとされているのです。

ポケットチーフはあくまで装飾品なので、ハンカチのように手を拭くなどの実用性があるわけではありません。

しかし、ポケットチーフを挿すことで、スーツの雰囲気はぐっと引き締まってフォーマル感が増し、おしゃれな印象に見せることができます。

色や素材だけでなく、折り方でもエレガントやカジュアルなど、さまざまに印象を変えることができるでしょう。

ポケットチーフは、着る人の遊び心とセンスの見せどころと言えるでしょう。

結婚式でのポケットチーフの選び方

結婚式で使用するポケットチーフなら、素材はハリのあるリネンか光沢のあるシルクを選ぶのが一般的です。

しかし、リネンは昼の結婚式向けの素材とされているので、昼夜両方に使えるオールマイティさを希望するなら、シルクをおすすめします。

ポケットチーフの色に厳密な決まりはありませんが、お祝い事ならやはり白が基本の色と言えるでしょう。

また、シルバーグレーなど、華やかで明るいグレーのポケットチーフもエレガントさとこなれ感を出すことができます。

控えめな色であれば、ネクタイとポケットチーフの色を合わせるのも統一感があっておしゃれです。

ネクタイとチーフを同系色にして、色のトーンだけを少し変えてみると、全体の印象を引き締めてくれるでしょう。

ポケットチーフを持っていない方は、ハンカチで代用することも可能です。

しかし、ファッション性でなく吸水性を重視するハンカチでは、ハリが少ないためチーフの形が崩れてきてしまうことがあります。

また、胸ポケットとサイズが合わず、布がもたつくこともあるでしょう。

スマートに胸ポケットを飾るために、できれば専用のポケットチーフを1枚持っておくと、フォーマルなシーンでも安心です。

結婚式でのポケットチーフの折り方

ポケットチーフの折り方には、格式の高いものからカジュアルなものまでいろいろな種類があります。

スーツの表情を華やかにしてくれる結婚式向きの折り方といえば、スリーピークスが挙げられるでしょう。これはチーフに3つの山を作る折り方です。

まず、チーフを三角に折り、さらに三角に折ります。このとき頂点は重ねず少しずらしましょう。

その後、下側の頂点が3つ目の山になるようもう一度三角に折ります。3つの山ができたら、チーフの底の両側を胸ポケットの幅に合わせて折り、ポケットに差し込みます。

4ステップで簡単にできるエレガントな折り方です。
結婚式にも、その後のパーティーにも使えるオールマイティな折り方なら、TVホールドがおすすめです。

まず、チーフを正方形に四つ折りにし、両側を胸ポケットの幅に合わせてたたみます。

その後、下側をポケットの深さに合わせて折り、折り目の見えない側をフロントにしてポケットに差し込みましょう。

こうすると、胸ポケットから小さな長方形がのぞくことになり、スーツにきちんと感と大人っぽさを加えることができます。

結婚式やパーティーだけでなく、ビジネスにも使えるのがトライアングラーという折形です。

まず、チーフを正方形に四つ折りにし、角が頂点になるよう斜めに角度を変えます。両側をポケットの幅に合わせて折り、最後に下側をポケットの深さに合わせて折りましょう。

ポケットに差し込むときには、ポケットの上にチーフで三角形を作るように入れるのがコツです。

トライアングラーは、オードソックスできちんとした印象を与えることができるでしょう。
カジュアルな結婚式や二次会にぴったりの、こなれ感のある折り方なら、パフがとてもおしゃれです。

平らに置いたチーフの中央をつまみ、つまんだ部分のふんわり感を崩さないよう、チーフの中央を逆側の手で絞ります。

そのまま、最初にチーフをつまんだほうの手で、下側をポケットの深さに合わせて折りましょう。

胸ポケットからチーフがふんわりと見えるように差し込み、折った部分がもたつくようならポケットの中で広げます。

ポケットから出たチーフがふくらみ過ぎているようなら、少し叩いてボリュームを抑えましょう。

無造作に差し込んだようで華やかでもあり、おしゃれ上級者に見える折り方です。

パフと同じく、カジュアルな結婚式や二次会にも使えるおすすめの折り方に、クラッシュがあります

。パフと同じように中央をつまんだチーフを、つまんだ側を下にして胸ポケットに差し込んだ折り方です。

こうすると、チーフの角が花びらのように胸元を彩り、遊び心とこなれ感のあるおしゃれな印象にしてくれます。

このように、チーフの折り方をフォーマル度合いに合わせるだけでなく、与えたい印象に合わせて色々遊んでみると、いっそう楽しめるでしょう。

ポケットチーフでおしゃれ度アップ!

ドレスコードがあるため、画一的になりがちなフォーマルスーツは、ポケットチーフで一味違う印象に変えることができます。

フォーマルスーツが個性のないものになるか、遊び心のあるものになるかはチーフがポイントとも言えるのです。

基本のリネンやシルクで折り方を個性的にしてもいいですし、差し色になるような色でオードソックスな折り方をするのも大人っぽくてすてきです。

ぜひ、ご自分の魅力を引き立てるチーフの素材や折り方について研究してください。

緊張しがちなフォーマルシーンですが、ポケットチーフの装いをマスターすれば、ひときわ楽しくなるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です