CLOSE
LINE サイズ 履歴 カート

MENS



ABOUT US

入社式にはどんなスーツを着るべき?スーツ選びのポイントとマナー

入社式を迎える前の準備として、スーツを新調する人もいるのではないでしょうか。

しかし、入社式に着用するスーツに関しては「どのようなスーツを着たら良いのか」ということで悩む人は意外と多いものです。

スーツやネクタイ、ワイシャツなどの選び方は、人の印象に大きく影響します。

そのため、入社式に向けてスーツを新調しようと考えているのであれば、スーツ選びのポイントや注意点などを知っておき、マナーを守った着こなしを心がけましょう。

この記事では、入社式に着るスーツ選びのポイントやマナーなどについて解説していきます。

スーツの色やサイズはどうすべき?

売り場に行くと、スーツの種類が豊富であることから、どのスーツを購入しようかと悩み、目移りするものです。

入社式に着用するスーツを選ぶときには、色やサイズ選びには特に気をつける必要があります。

まず、スーツの色は、黒・グレー・紺のいずれかにすることがポイントです。入社式ではなるべく無難で、その場にふさわしいスーツの色を選ぶことが重要になります。

もしもスーツ選びで迷ってしまったときには、男性も女性もシャープな印象を与えるとともに、堅実さや真面目さももたらしてくれる王道の黒を選んでおくとまず間違いはありません。

次に、入社式で着るスーツを選ぶなら、柄は無地の物を選ぶことが好ましいといえます。

無地のスーツでフレッシュさを演出して、先輩社員に対して好印象を与えるように意識することがおすすめです。

さらに、スーツを上品に着こなしたいなら、スーツのサイズは体型にフィットしたものを選ぶようにしましょう。

たとえば、自分の身体にフィットしていない、大き目のサイズのスーツを着ていた場合、ダボダボとしてだらしがない印象となってしまいます。

具体的には、ジャケットを選ぶときには肩に合っているかどうか、パンツやスカートを選ぶときには着用時に屈伸をしてきついと感じないかどうかなどを意識しながら選ぶと良いです。

そうすることで、自分の体型に合ったスーツを購入することができます。

ワイシャツやネクタイの色は?

ワイシャツやネクタイの色は、スーツの着こなしに大きな影響を与えるものです。

そのため、スーツ選びのときには、スーツと相性の良いワイシャツやネクタイを選ぶことが好ましいといえます。

ただし、入社式で身につけるネクタイは、派手過ぎる色ものや、個性的過ぎるデザインのものは控えておくのが無難です。

入社式では、おしゃれや個性を押し出すのではなく、清潔感やフレッシュさを意識した方が好印象なのです。

サックスや薄いピンクなどといった色味のワイシャツは入社式では控えておき、実際に働きはじめてから着るようにしましょう。

次に、ネクタイの色はネイビーを選ぶのがおすすめです。ネイビーのネクタイは、黒のスーツや白いワイシャツとの相性も抜群といえます。

ネクタイの柄については無地でもかまいませんが、小紋柄やレジメンタルなどを選んでも問題はありません。

また、ベルトと靴については、同色でまとめることを意識するのがポイントです。

たとえば、靴は黒色であるにもかかわらず茶色のベルトを合わせている場合には、全体的にまとまりがなく、アンバランスな印象となってしまいます。

入社式までにベルトと靴は同色のものを用意しておき、手入れをしておくようにしましょう。

忘れてはならない髪型のマナー

入社式のスーツを着こなしたいなら、髪型をはじめとする身だしなみにも気を配っておくことが大切です。

入社式では、特に清潔感のあるスタイルが望ましいといえます。まず、入社式では、髪の毛の色は黒か暗めの茶色にすることがポイントです。

学生時代の名残で明るい茶髪や金髪にカラーリングしているのであれば、新入社員にふさわしい自然な髪の色に戻しておくと、スーツとの相性も良くなります。

また、男性の場合は就活中と同じような短めの髪型にすることがおすすめです。

ロン毛や個性的なパーマなどの髪型で入社式に臨んだ場合は、社会人としての節度に欠けていると思われてしまいかねません。

男性の場合、サイドや襟足の髪の毛は短くカットし、前髪もおでこが出る程度に整えておくと、清潔感があることに加えて、フレッシュで快活なイメージにつながります。

具体的には、ショートヘアなどのスッキリとした髪型で、必要に応じてワックスなどを使ってスタイリングをしておきましょう。

一方、女性で髪の毛が長い場合はひとまとめにするなどして、お辞儀をしたときなどにサイドの髪の毛が顔にかからないようにきちんと束ねておくと爽やかな印象になります。

ヘアアクセサリーなどを使う場合は、スーツに合うものを選ぶことがポイントです。入社式では派手なデザインの髪飾りやヘアピンなどは使わないようにしましょう。

入社式だからといって、おしゃれな髪型や個性的な髪型である必要はまったくありません。それよりも、清潔感のある髪型を心がけることが大切なのです。

入社式の髪型で悩んだときには就活中のスタイルを思い出して、社会人としてのマナーをしっかりと守るように心がけましょう。

ビジネスマナーを守って入社式に臨もう

就職活動を終えてやっと迎えた入社式ですから、服装や身だしなみにも気合が入るものです。

入社式で着用するスーツや、スーツに合わせるワイシャツ・ネクタイなどを選んでいると、次第に社会人としての意識が芽生えてきます。

入社式で先輩社員に好印象を与えるためには、清潔感やフレッシュさを重視したスーツ選びがまず大切です。

スーツの色やフィット感などをしっかりと考慮しながら、自分に合ったスーツを選ぶようにしましょう。

また、入社式では髪型などの身だしなみにも十分に気をつけておくことが欠かせません。

どんなに身体に合ったスーツを選んでいても、スーツにシワや汚れがあったり、身だしなみに清潔感がなかったりしては台無しです。

新入社員として入社式に参加するときには、清潔に配慮した髪型を心がけましょう。スーツの着こなしや身だしなみなどは、人間性を判断するうえでの重要な要素にもなり得ます。

スーツの着こなしで悩んだときは、鏡で確認するなどして、客観的にチェックすることがポイントです。

幸先のいいスタートを切るためにも、ビジネスマナーはしっかりと守って入社式に臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です