CLOSE
LINE サイズ 履歴 カート

MENS



ABOUT US

ポイントは細部にあり!結婚式のメンズスーツをおしゃれに着こなすコツ

結婚式の男性の服装といえば、フォーマル向きの地味なスーツと相場が決まっています。

そのため、スーツ自体でおしゃれ感を演出するのは少し難しいかもしれません。

しかし、ネクタイやポケットチーフなどの小物にこだわれば、結婚式のマナーを守りながらおしゃれにスーツを着こなすことができるでしょう。

小物でおしゃれを演出するときには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

そこで、今回は結婚式に参加する際のファッションに小物を取り入れるときのポイントについて紹介します。

できるだけ具体的に解説していくので、小物で差をつけたいという人は参考にしてみてください。

結婚式のスーツは着こなしでおしゃれに差がつく

男性のゲストが結婚式に着ていく服の定番といえば、礼服やダークスーツでしょう。

礼服はフォーマル度や着用する時間帯によってさまざまなタイプに分かれます。

たとえば、もっとも格式が高いとされる正礼装では、昼に着るならモーニングコート、夜に着るなら燕尾服という決まりがあります。

準礼装であれば、昼にはディレクターズスーツ、夜にはタキシードといった具合です。

ただし、正礼装は主に新郎や両家の父親が、準礼装は主賓クラスの男性ゲストが着るものとされています。

結婚式に友人として出席する場合、あまり格式の高い服装をしていくと、かえって周りから浮いてしまうこともあります。

式場などにもよるので一概にはいえませんが、友人などのゲストは略礼装で参加するのが一般的です。

男性の略礼装とされているのがブラックスーツやダークスーツです。

冠婚葬祭のあらゆる場面に対応できる着まわしのよい服装なので、多くの人のワードローブに備わっているでしょう。

なお、結婚式や葬儀に参加するときの革靴は黒のストレートチップかプレーントゥが無難とされています。

このように、結婚式はビジネスシーンなどよりもフォーマルな場なので、着られる服には制限があります。

しかし、小物などの細かい部分にこだわることで、許される範囲でおしゃれを演出することもできるのです。

ネクタイにこだわるべし

結婚式で着用するネクタイの色は白やシルバーグレーが基本となります。

しかし、友人の立場であれば、パステルカラーのような華やかな色を選んでも問題はないでしょう。

ネクタイの色で注意したいのが、黒だけは絶対に避けるということです。黒いネクタイは葬式を想起させるため縁起が悪く、結婚式の場にはふさわしくありません。

また、ネクタイの素材は光沢のあるシルクが華やかでおすすめです。

ネクタイの柄については、無地はもちろんOKですが、ドットやストライプでもよいアクセントになってくれるはずです。

ただし、チェック柄は人によってカジュアルすぎると感じることもあるので気を付けましょう。

人と差をつけたいのであれば、定番のレギュラータイ以外のデザインのものを選ぶのもよいでしょう。

たとえば、正礼装で取り入れられるアスコットタイや蝶ネクタイを選べば、個性的で華やかな装いになります。

ちなみに、アスコットタイは本来モーニングコートと合わせて着用するものなので、基本的には昼間に式が行われるときに使うものです。

同様に、蝶ネクタイは燕尾服と合わせる夜用の装いとなります。

また、アスコットタイはウィングカラーシャツに合わせるものなので、間違えないように気を付けましょう。

ポケットチーフはフォーマルに必須

結婚式でひと味違うフォーマルな装いをしたいのであれば、ポケットチーフを取り入れるというのも効果的な方法です。

ポケットチーフはフォーマルなシーンには必須といってもよいアイテムで、取り入れることで雰囲気がぐっと上品になります。

ポケットチーフの色は基本的に白がおすすめですが、ネクタイの色に合わせていれば何色でも問題はありません。

ポケットチーフの素材は、折りたたみやすいようにリネン素材のものを選ぶとよいでしょう。

ポケットチーフはたたみ方によってイメージが変わりますが、フォーマルシーンに向いているたたみ方はスリーピークスとTVホールドです。

まず、スリーピークスはその華やかな見た目からもっともフォーマルなたたみ方とされています。

ポケットから3つのチーフの頂点がみえるように挿せばOKです。

TVホールドは見た目が非常にシンプルなので、ポケットチーフを使うのが初めての人でも挑戦しやすいたたみ方だといえます。

ポケットの幅や深さに合わせてチーフを四角くたたみ、ポケットからチーフが1~2cmほどのぞくように挿せば完成となります。

カフスボタンやネクタイピンで遊びを

少し遊びを入れて、カフスボタンやネクタイピンにこだわってみるのもおすすめの方法です。

カフスボタンは腕を伸ばしたときに、さり気なく見えるのがおしゃれなアイテムです。

フォーマルな場面であれば、昼は白蝶貝のデザイン、夜は黒蝶貝かオニキスのデザインのものがふさわしいとされています。

比較的カジュアルな式であれば、新郎新婦や季節にちなんだカフスを身に着けてみるのもおすすめです。

ネクタイピンには特に決まったルールはありませんが、結婚式の雰囲気にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

パールなどをあしらった、上品でさりげないネクタイピンがおしゃれです。

ベストを合わせてフォーマル感を演出

フォーマルシーンであれば、スーツにベストを合わせた着こなしもしっくりときます。

結婚式でベストを着用するメリットは、よりフォーマルな印象になるということだけではありません。

暗い色のベストを着ることで、太り気味の人でも体が引き締まって見えるようになります。

また、胸板の薄さが気になっている人であれば、胸元のVゾーンが浅いものを選べば胸板の厚みが増して見えるのです。

ベストのデザインに関しては、派手すぎるものやカジュアルすぎるものでなければ特に制約はありません。

コーディネートに不安があるのであれば、スーツと同じ生地のスリーピースのものか、ダークスーツにグレーのベストを合わせるのがおすすめです。

こだわりで差をつけよう

結婚式では着用できる服が限られています。正礼装や準礼装はそれだけで存在感のある衣装ですが、主賓のゲストなどでない限りは悪目立ちしてしまう恐れがあります。

そのため、多くの男性ゲストは似たり寄ったりのダークスーツやブラックスーツを着てくることになるでしょう。

しかし、着用できるスーツにある程度の制約があるからこそ、細やかなところにこだわる意味があるのではないでしょうか。

結婚式に参加する際は、細部にこだわっておしゃれな着こなしを心がけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です