CLOSE
LINE サイズ 履歴 カート

MENS



ABOUT US

★【最低限このスーツは持っておきたい!】ライフイベント必ず必要な3種類のスーツ

これから社会人になる方は、スーツを着る機会が今までよりも多くなります。

就活の時はリクルートスーツのみでよかったですが、大人になるとライフイベントが頻繁に訪れるため、その場に適したスーツが必要です。

「じゃあ、どんなスーツを持っておけばいいの?」

この記事では、これからの人生で最低限必要なスーツを3つご紹介します。

ライフイベントは突然訪れます。その時にイベントに適したスーツが手元にないと、恥ずかしい思いしてしまいますよね。

社会人になる方、スーツを1着しかお持ちでない方は参考になれば幸いです。

 

時と場合に応じて必要なスーツがある

スーツは大人の身だしなみ。

その場に適した身だしなみをしていないと、「マナーを知らない人」「失礼な人」という印象を与えてしまいます。

 

例えば、就職活動の場面を思い返してみてください。

周りの人が黒のスーツを着ているのに対し、あなただけが、成人式などで着るような煌びやかなスーツだとどうでしょう。

あなたを個性的な人物として受け入れてくれる企業があるかもしれませんが、一般的な企業の方からは、少し冷たい目を向けられるかもしれませんよね。

 

このように、ライフイベントにはその場に応じた服装が決まっています。

マナーを守ることは、大人として当たり前のこと。周りから痛い目を向けられないためにも、人生で必要なスーツを認証しきしておくことがオススメです。

 

 

人生で必要なスーツは全部で3種類!

スーツの着用が必須のライフイベントは、主に以下の3つです。

・会社で働く

・お葬式に出席する

・結婚式に出席する

この3つのイベントに対して、最低限3つの種類のスーツを持っておく必要があります。

では、具体的にどのような色や柄、形のスーツが必要なのでしょうか。

 

ビジネススーツ

会社で働く時はスーツが一般的です。

近年はスーツを着用しない職場も増えてきましたが、9割以上の企業はスーツの着用が必須なので、入社までまだ時間がある方は購入しておきましょう。

丁寧に店員に対応してもらいたい方は、時間に余裕のある2月半ばから3月前半に購入するのがオススメです。

 

着数

会社で働くうえで、3着持っていれば緊急の事態にも困りません。

また、3着持っていればスーツが長持ちします。

 

カラー

新社会人にオススメの色とは、ネイビーとグレーです。

新入社員に求められるのは、真面目さと誠実さ。ネイビーのような青系の色からは、「信頼・真面目・誠実」を感じることができます。

グレーも誠実な印象を与えるのでオススメです。

 

ストライプ柄のスーツは、新社会人のフレッシュさをよりアピールできます。

これから社会で働くうえで、特有のフレッシュさを全面に出すことはとても重要。

会社内が活気づきますし、他社に営業に行った際にも、「新入社員が来た」とアピールできるため、印象にも残りやすくなります。

 

種類

ビジネススーツにも種類があります。

以下の3つの種類のスーツを持っておくと便利です。

  • オーダーメイドスーツ

「新入社員には必要がない」とお考えの方もいると思います。

ですが、1人の営業マンとして勝負服は必要。

新入社員にとって重要な時(社内プレゼンや初めての営業先回りなど)に、よりあなたを印象付けることができれば、あなたと企業の成績に繋がる可能性が高くなります。

価格はやや高めですが、1着持っておくとモチベーションを高くして仕事に取り組めるでしょう。

低価格でイタリア生地のオーダーメイドスーツを作ってもらえるお店もあります。

是非チャックしてみることをオススメします。

 

  • ストレッチスーツ

仕事にもよりますが、外を歩き回る仕事の人は体にフィットした動きやすいスーツがオススメ。

自分の体に合っていないスーツだと、見た目も悪いですし、動きづらくてストレスにもなります。

ストレッチスーツは伸び縮みし易い素材で作成されており、着心地が抜群ですので、普段使いとして着用するのがよいでしょう。

 

  • 機能性スーツ(洗濯可能、シワになりにくいなど)

ビジネスマンは、出張の関係でバスや新幹線などの長距離移動が多いです。

スーツでシートに座ると、どうしても背中や首元がシワになりやすくなります。

そんな時にオススメのスーツが、シワになりにくい機能性スーツ。

シワがあるスーツを着ていると、取引相手にだらしないなどの悪い印象を持たれます。深夜バスなどを利用する際は、機能性スーツの着用がオススメです。

 

また、洗濯可能なスーツもあると便利です。

夏に営業で外を歩き回ると、汗をかいてどうしてもスーツを清潔に保つことが難しい。

洗濯OKのスーツで あれば、毎日でも洗濯が可能です。クリーニングに出す手間もお金も節約できます。

型崩れしにくい素材ですので、何度洗濯しても安心です。

機能性スーツは、一般的なスーツと見た目がほとんど変わりません。

営業先にも安心して着ていくことができるので、1着は持っておいた方が良いでしょう。

 

葬式用スーツ

身内や知人に不幸があった時にもスーツは必要です。

葬式用のスーツは一番気を配らなくてはいけません。その場に適していないスーツを着ていってしまうと大変失礼です。

 

着数

基本的に1着あれば問題ありません。

ただ、長年着ておらず、サイズ感が合ってない場合は再度購入されることをオススメします。

多くの人が集まる場なので、サイズ感が合っていないと恥ずかしい思いをすることも。

 

カラー

喪服は深い黒色のスーツでないといけません。中途半端にネイビーなどの色を選択してしまうと、周囲から浮いてしまい、後で身内や知人の方からお叱りを受けることもあります。

お店の方に「礼服を買いたい」と言えば、しっかり対応してくれるのでご安心ください。

 

こちらもお店の方に任せれば問題ありませんが、喪服ではストライプ柄などの柄が入ったものはNGです。

ブラックフォーマルを必ず着るようにしましょう。

結婚式用スーツ

近年は結婚式で着る服装がカジュアルになっている傾向があり、「これが正解」という決まりはなくなりつつあります。

ただ、礼服にもマナーはありますので、正式に決まっている色や柄をお伝えします。

結婚式に参加する立場によって、服装は変わります。

・主賓や司会として参加

タキシードがオススメ。

注目される立場にあるので、ブラックでピシッとした印象を与えることが重要です。

シャツやネクタイも、一般的なスーツとは異なります。

シャツは一般的なものよりも首元が長く、先が小さく折り曲がっています。

ネクタイの着用はせず、代わりに蝶ネクタイを着用します。

その他にも、タキシードにはマナーが多く存在するので、詳しくは以下のページからご覧ください。

(参考ページ:https://www.y-aoyama.jp/knowledge/formal-weddingparty-style002

 

・知人、友人として参加

知人や友人の立場で参加する人が多くいると思います。

スーツは決まった色がなく、主にブラックやネイビーといった黒色系が良いとされています。

逆に白色だと、新郎新婦と同じになってしまうので控えるようにしましょう。

柄も控えめにするのがオススメ。ストライプ柄でも、太い線ではなくて細かな小さい線が入っているものが適しています。

シャツは白色の無地、ネクタイは目立たないグレーやネイビーがオススメです。

このように、各イベントに応じて、スーツには細かいマナーがあります。

今のうちに押さえておき、いざという時に備えておきましょう。

まとめ:ライフイベントには適したスーツで参加するのが常識

ライフイベントに応じたスーツを着ることは、大人にとって当たり前のことです。

常識を守らないと、周りから痛い目で見られます。あなたの信頼や品格も問われることになりますので、適したスーツを知り、着用するのをオススメします。

生きていくうえで何着もスーツが必要になり、金銭的にも負担があると思いますが、アウトレットスーツであれば、お手軽価格で高品質なスーツを購入することが可能です。

「スーツを準備したいけど、お値段が気になる…」

このようにお考えの方は、是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です